文字サイズ

沖縄女子短期大学_未来のIT人材創造事業_産学連携推進センター_比嘉勇太

見出し

13 タイマーを作る(ゼロになったら止まる)

タイマーがちゃんと動くか確認するために一度、タイマーの設定を10秒から3秒に変えます。



旗を押してしてみると、タイマーはゼロになってもとまりません。

そこで、タイマーをゼロになると止まるようにします。

文章で考えてみると

タイマーを1秒ずつへらして、もしタイマーがゼロと同じになったら、すべてを止める

という文章になります。

そこで、制御(せいぎょ)カテゴリーの (もし〇なら)をタイマーを-1ずつ変えるの下にいれます。



次に、演算(えんざん)カテゴリーの (〇=50)というブロックを右側の空いているスペースに置きましょう。



左がわに変数カテゴリーの(タイマー)をいれて、右側には数字のゼロをいれます。



これでタイマーがゼロになったときという意味になります。

今できたプログラムを(もし〇なら)の〇の部分に入れましょう。



そしたら今度は、制御(せいぎょ)カテゴリーから(すべてを止める)を選び、もしタイマー=0ならのブロックの中に入れましょう。



動きを確認してみましょう。