文字サイズ

入試情報

入試情報

学費・奨学金

奨学金一覧

経済的理由で修学が困難、及び学業優秀な学生に対して、各種の奨学金制度があります。
奨学金制度には、返済不要の「給付型」と、卒業後に返済する「貸与型」の2種類あり、本学では下記の奨学金制度があります。
平成30年度実績

給付型【返済不要】

種類金額対象・要件予定人数
沖縄女子短期大学奨学金第一種
授業料年額40%
252,000円
学業優秀、人格円満で他の模範となる学生で学習活動その他生活全般を通じて態度、行動が奨学生としてふさわしく、かつ経済的理由により修学困難な者
4名
第二種
100,000円
20名
沖縄女子短期大学緊急支援奨学金
100,000円
家計急変のため学費の納入が困難で、修学の見込みがある者
5名
親族在学者奨学金
100,000円
親族(親子、兄弟姉妹等)が在学している場合、2人目以降から給付する
該当者
海外研修奨学金
50,000円
本学の国際交流規程等を締結している海外の大学で研修する学生を対象に給付する
20名
公益財団法人金秀青少年育成財団奨学金
100,000円
県内に在学する学生を対象に学業及び人物が優秀であり、大学の審査を経て学長から推薦された者
若干名
千代田ブライダルハウス奨学金
100,000円
学業・人物共に優秀であり、学費の支払いが困難と認められる者
若干名
私費外国人留学生授業料減免
授業料の
30%額減免
本学の正規の課程に在籍し、経済的理由により授業料の納入が困難であり、かつ、学業優秀と認められる者
該当者
沖縄女子短期大学後援会奨学金
100,000円
経済的に修学困難な者で、他の機関・団体等から、奨学金の貸与又は給付を受けていない者
20名
沖縄女子短期大学白百合同窓会奨学金
50,000円
学校行事を中心的に担い、模範となった学生に給付する
5名
平成29年度より学生支援の充実のために新設された【奨学金制度】です。
種類金額対象・要件予定人数
国内研修奨学金
20,000円
国内交流規程に基づき、国内の大学等へ研修を目的とする学生を対象に給付する
15名
特別奨学生
315,000円
推薦入試合格者全体の中から、選考により入学後の学習意欲を総合的に判断し、上位5名に初年度の年間授業料の1/2相当額を免除する。
5名
学業成績優秀者奨学金
50,000円
GPA 優秀者で他の学生の模範として学科より選考された学生に給付する
6名
遠隔地学生住居支援奨学金
30,000円
名護以北、離島及び県外の学生を対象とし、入学のため近隣のアパート等を賃貸契約した場合に給付
15名
沖縄県離島学生支援奨学金
30,000円
県内離島の学生を対象に入学年度のみ給付する
15名
社会人学生支援奨学金
30,000円
社会人の入学生を対象に入学年度のみ給付する
5名
被災学生奨学金
933,430円
被災された学生を対象に給付する
該当者
種類金額対象・要件予定人数
吉武登保育士養成奨学金
500,000円
品行方正で、学業・人物ともに他の学生の模範となる学生で、経済的理由により修学困難な学生を対象に月額50,000円の10ヶ月間分を給付する
1名
保育士修学資金
修学費(月額)
50,000円以内
入学準備金
200,000円
就職準備金
200,000円
保育士養成施設に在学し、保育士資格の取得を目指す学生に対して修学資金の貸付を行う
※養成施設を卒業した日から1年以内に保育士登録を行い、沖縄県内で指定された保育士業務に5年間従事することで、返還免除となる
若干名

貸与型【要返済】

※貸与額については、それぞれ異なります。
種類対象・要件
独立行政法人日本学生支援機構 第一種・第二種優れた学生で経済的理由により修学困難と認められる者で、修学の見込があると認められた者
公益財団法人 沖縄県国際交流・ 人材育成財団学業・人物ともに優秀で、かつ経済的理由により学資の支弁が困難と認められる者
公益財団法人那覇市育英会学業・人物ともに優秀であり、学費の支払いが困難と認められる者
浦添市育英会心身が健全で学業及び人物が優秀と認められ、学業意欲がありながら経済的理由により学資支弁が困難と認められる者
宜野湾市育英会学業・操行ともに優秀であり学費の援助を必要とする者
北谷町育英会優秀な学生で経済的な理由により学費の援助を必要とする者
公益財団法人沖縄市育英会成績が優秀で、品行方正、かつ、健康なもので、経済上の支障により学業の継続が不可能な者
あしなが育英会奨学金病気・災害・自死などで親を亡くしたり、親が重度の後遺障がいを負っている家庭の者
公益財団法人交通遺児育英会保護者が交通事故の著しい後遺障害で働けない者

VOICE

児童教育学科 2年
私は、社会人入学なので自分で学費を工面しています。この奨学金を活用することで経済的にとても助かっており、安心して大学生活を送ることができています。奨学生に採用していただいたことに感謝し、また沖女の学生としての誇りを持ってより一層勉学に励んでいきたいと思います。
児童教育学科 2年
私が後援会奨学生に選ばれたことは大変光栄に思います。奨学金を受けることで少しでも家計の負担を軽減することができるので良かったです。将来に向けて学業はもちろん、ボランティア活動や資格取得など様々な事に挑戦していきたいです。これからも日々精進し、目標に向かって頑張ります。
総合ビジネス学科 2年
私は少しでも親の負担を減らすために奨学金を受けました。入学当初からハワイ研修に参加したいと考えていたので、奨学金の一部は旅費に充てたいと考えています。沖女で過ごす2年間の大学生活を有意義なものにし、目標に向かって日々成長していきたいと思います。

学費

沖女2年間の学費合計
1,752,430
※上記「納入金」以外に、教科書代・資格・免許・検定・実習等の関係費用が必要です。
私立短期大学 全国平均
2,333,432
資料:平成29 年度 私立短期大学の入学年次における学生納付金等所要諸経費一覧(日本私立短期大学協会)

学費内訳

1年次
2年次
入学金
120,000円
-
授業料
630,000円
【前期】315,000円
【後期】315,000円
630,000円
【前期】315,000円
【後期】315,000円
施設設備費 他
183,430円
【前期】98,430円
【後期】85,000円
189,000円
【前期】96,000円
【後期】93,000円
合 計
933,430円
819,000円