文字サイズ
平田美紀

ブログ

心が揺さぶられる出会い・体験は、力強い未来を創る

学長のつぶやき
~心が揺さぶられる出会い・体験は、力強い未来を創る~

 後期が始まりました!まだまだ残暑は厳しいですが、私にとって、一年のうちで最も心躍る季節「秋」の到来。「文化」「自然」「スポーツ」どれも満喫したい!との想いは熱く・・・。
夏の間、随分ゆっくりとStationに立ち寄り、様々な体験をさせてもらいました。

 8月4日は、与那原町伝統の大綱曳でした。この伝統行事は、昨年度、第23回ふるさとイベント大賞「内閣総理大臣賞」を受賞しましたが、「440年以上にわたって脈々と人々に受け継がれてきたこと、町中の人たちが大綱曳のために大綱を作り、練習を重ね、参加をすること、だれでもまつりに参加できること」などが評価されたということでした。

 本学の所在する東浜(あがりはま)地区でも、7月21日(日)に綱作りがありました。男子学生、職員とともに地域の方々との真剣な交わりや談笑の中、大綱の本当に小さな小さな部分ですが、綱作りに参加することができました。当日の大綱曳の迫力は、圧巻!感動!の一言でした。
老若男女で地域を支えている・創っていることが体感できた両日。次年度以降も、学生たちが様々に「地域に参画する」機会を継続・発展させていきたいです。
与那原 大綱曳 東浜地区 綱作り
(与那原町東浜地区 綱作り)

与那原 大綱曳 東浜地区 綱作り
(与那原町東浜地区 綱作り)

与那原 大綱曳 東浜地区 綱作り
(与那原町 大綱曳)

沖縄の若い世代の頼もしさを知った夏でもありました。
 8月17日、本学図書館講座で出会った呉屋由希乃さん。「サンゴに優しい日焼け止め」が生まれたきっかけと、クラウドファンデイング体験、物を社会に売り出す苦労、世界に飛び出すことの大切さ等々、起業の目的がSDGsとしっかり結びついていることにも感銘をうけ、早速、家族分含め購入しました!使い心地も最高です。
環境教育 SDGs 呉屋由希乃氏 
(呉屋 由希乃氏)

第3回 沖縄女子短期大学図書館講演会
(第3回 沖縄女子短期大学図書館講演会)


(卒業生 玉城乃野さん、喜納利奈さん)

 9月5日には、卒業生(玉城乃野さん、喜納利奈さん)が、「パクもぐフェス」(11月23日開催予定)の後援依頼に学長室を訪ねてくれました。
保育者の免許・資格を有している彼女たちは、自身の子育て経験からも、子育ての難しさや苦しさを一人で抱え悩まず、少しでも軽く・楽しく・繋がって子育てができることの大切さを痛感し、「女性・ママ目線のイベント企画nono friends」を立ち上げ行動を起こしています。
「パクもぐフェス」は、その一環で食育の大切さを共有するイベントです。自発的・協働的な「子育て支援」に、何とも頼もしく尊敬の念を抱きました。 

本学の学生・卒業生然り、若者は凄い!個々の可能性と未来を創る力を開花させる沖女でありたい。沖女とあなたの「心」が出会った時から、学び続けるあなたを全力でサポートします!