文字サイズ

大学概要

大学概要

学長あいさつ

学長
新キャンパスでパワー発揮。

 本学は、短期大学教育ひとすじに歩んできて半世紀になります。
短期大学の役割は教養教育と専門職業教育の充実です。
 2年間で複数の資格や免許を取得し、地域や県外で活躍する人間として成長していきます。
 教育環境に恵まれた新校舎での教育活動に学生と教職員が一体となって取り組んでいます。
 その1つに学外にとび出した「実践・体験」学習には、これまで以上に力を入れています。
 総合ビジネス学科では、1年生から企業のトップと出会い、企業の企画事業への参画、県内、県外、海外への企業訪問、職場体験をします。
 児童教育学科では、1年生から小学校・幼稚園・保育所・児童館などで学習・保育支援ボランティアを体験します。
 両学科とも2年生の医療事務実習や教育・保育実習の際はこれまでの実践知・体験知を発揮して資格・免許に直結する実習をクリアしていきます。
 また、県内他大学との交流や部活・サークル活動も盛んです。
 その中でも女子サッカー部の人材育成を主としたヴィクサーレスポーツクラブとは連携協定を結んでおり、本学の女子サッカー部はプロの指導が受けられるという特典もあります。
 キャンパス周辺もMICE施設関連工事で日々活気づいてきています。商業都市として世界各国から多様な人材や情報も入り栄えていく事が予想されます。大学の立地条件として最適と言えるでしょう。それに応えるべく今、観光教育・語学教育等の充実に向け諸改革を進めています。

学長 鎌田 佐多子

経歴

琉球大学教育学部卒業後、東京で小学校教諭を経験。沖縄女子短期大学児童教育学科非常勤講師を経て1973年沖縄女子短期大学の専任教員となり、以来43年間本学の児童教育に携わる。
2014年4月第10代学長に就任。
【学外での主な委員会活動等】
  • 沖縄県社会福祉協議会保育協議会委員
  • 沖縄県次世代育成支援対策推進協議会委員
  • 沖縄県子どもの読書活動推進会委員
  • 沖縄県教育委員
【主な表彰歴】

2004年全国保育士養成功労者
2006年沖縄県保育士会功労者
2010年日本短期大学教育功労者